吊り下げ式とオルガン式とは

車のペダル類には、設計別に吊り下げ式とオルガン式があります。前者は読んで字の如くですが、後者はオルガンのペダルのようにフロアからはえている形式です。ペダル類にはアクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダルがありますが、いずれも主流は吊り下げです。これはアクセルにせよ、ブレーキにせよ、すべて上側で設計、ワイヤーなどのレイアウトができるのでコスト面で有利ということもあります。対してオルガンは、ワイヤーを下から這わせるためコストがかかります。操作の基本に忠実であるならば、足底全体で踏むオルガンの方が安定していてコントロールもしやすいような印象を受けますが、吊り下げに慣らされ、つま先で踏むのが普通になってしまった大多数の人にとっては、吊り下げの方が操作が軽く微調整もしやすいようようです。アクセルペダルに限っていえば、現在国産車にはオルガンタイプはほとんどなく、レースカーに多い形式です。どちらが操作しやすいなど一概には言えず、要は慣れの問題です。吊り下げが主流の昨今、マツダなどはオルガンタイプの操作性の優位さをアピールしています。いわく、かかとがずれにくく、ペダルがコントロールしやすいということです。

コメント

コメントを受け付けておりません。