ギヤチェンジをするシフトレバーの特徴

マニュアル・トランスミッション車の楽しみの一つはギヤチェンジ(変速)にあると言えるでしょう。この変速をいかにスムーズに行うかが腕の見せ所の一つでもあります。このギヤチェンジを行う上で重要なパーツがシフトレバーです。FFの乗用車の場合はフロアから長く突き出たレバーを操作することになりますが、FRあるいはミッドシップ車の場合は、室内を貫くセンターコンソールから飛び出た短めのレバーを操作することになります。特にスポーツ性能を謳ったモデルの場合、変速時のレバーのタッチ(シフト・フィールと言います)までもが丁寧に研究されていて、手首の返しひとつで非常に素早く変速が行われるように設計されているものもあります。その際はスパッスパッと小気味良くシフトアップあるいはシフトダウンしていくことの快感を味わうことができるでしょう。また、最近ではAT車でもマニュアル車のような変速をすることができるモデルが登場しています。その場合にはまるでF1マシンのようにハンドルの裏側にレバーが配置されていてそれらを押したり引いたりすることで変速できるようになっています。こうしたレバーは一般に「パドル・シフト」と呼ばれ、素早い変速が可能であると言われています。

コメント

コメントを受け付けておりません。