フロア式とは

自動車におけるシフトレバーの配置にはいくつか種類がありますが、その中で最もよく目にするタイプが、シフトレバーが床面から直立している「フロア式」と呼ばれるタイプです。
このタイプでは、シフトレバーは基本的に助手席と運転席の間に配置されており、右ハンドル車では左手で、左ハンドル車でも右手で操作します。しかし、競技用の自動車などでは、右ハンドル車であっても運転席の右側にシフトレバーが配置されていることがあります。
フロアシフトのシフトパターンは、マニュアル車ではアルファベットの「H」の形に配置されているものが大半であり、前後左右にレバーを動かしてシフトチェンジの操作を行います。一方、オートマチック車では直線上に並ぶように配置されているものが多く、グリップの部分にあるボタンを押してロックを解除しながら前後にレバーを動かして操作する形になっています。中には、グリップの部分にボタンが無い代わりに、シフトレバーを引き起こしてポジションをかえていくタイプのものもあります。
床面にシフトレバーを配置したフロアシフトは、他の場所に配置される方式と比較すると操作性に優れています。しかし、操作に慣れるまでの間は、シフトチェンジ時にレバーの方に一瞬視線を向けてしまいがちになるのが欠点です。

コメント

コメントを受け付けておりません。