コラム式とは

シフトレバー形式は配置によって区分されます。最も広く普及しているのが、センターコンソール前部に配置されるフロアシフトです。フロアシフトは、センターコンソールと一体化した、乗用車に用いられるレバーが短いタイプもあれば、バスやトラック等に見られるような、文字通り床からはえた、レバーが長いタイプもあります。シフトレバーの配置は、操縦性への配慮もさることながら、他の機械部との配置関係の都合上から決められていることも多いです。その典型がシトロエントラクシオン・アバンや2CVに採用されているインパネシフトです。インパネシフトは、文字通りインパネに載せられたような形で配置されていますが、シトロエンの2車に関しては、エンジン、トランスミッションの配置上の都合からインパネシフトとなっています。もうひとつは、コラム式シフトです。これはステアリングの脇にウインカーレバーのように配置された形式で、タクシーなどでは主流となっています。タクシーで何故主流になっているのかと言えば、タクシーの車両においては、インパネやセンターコンソールが無線機や料金メーター、レシートの機械などで占領され、コラムシフトとする以外方法がないからです。1990年代のRVブーム以降、日本においては特にミニバンやSUVにコラムシフトを採用する例がいくつかありますが、その最大の理由は左右ウォークスルーを可能にするためです。

コメント

コメントを受け付けておりません。